喜ばれる景品

二次会に対する不満として、会費の割に料理と景品が少なかったという声があります。二次会の本当の目的は主役とゲストが楽しい時間を過ごす事ですから、料理も景品も関係ないという人もいるでしょう。しかし会費を払った以上、無意識に金額に見合った対価を求めてしまうものです。

食事は一次会で既に終えている場合もあります。また二次会は開催時間が遅い事もあるため、せっかくの料理が食べられない事もあります。一次会で十分な料理が出ているのなら、二次会は料理を控えめにし、その分景品に予算を割いてもいいでしょう。

二次会二次会の盛り上がりは景品にかかってきます。魅力的な景品がある程ゲストは盛り上がります。喜ばれる定番品に金券、日用品、温泉、食品があります。金券や日用品は普段の生活で使う事ができますから、ゲストにとってはありがたい景品です。しかし生活と密着しすぎて、面白みに欠ける所もあります。

温泉は非日常を味わえる景品として人気です。日帰りが前提の入浴券と、ホテルの宿泊も含めた宿泊券があります。どちらを選ぶかは予算で決めて良いでしょう。どちらにしても、ペア券として用意するのが一般的です。

食品も人気景品の一つです。有名パティシエのスイーツや高級レストランの食事券など、食品として用意できる景品は様々です。その中でも和牛は人気です。有名ブランドの和牛は美味しいですがその分高価で、自分では中々買えません。そんな食材を景品で貰えると非常に嬉しいものです。

次のページでは、人気の定番景品である温泉と和牛について説明します。

Pocket